会社と働く人をつなぐ”架け橋”

社会保険労務士は、人事労務・労働保険・社会保険のエキスパートです。

Home » 業務案内 » 就業規則・企業諸規定作成 » 就業規則について

就業規則について

常時10人以上の従業員を使用する使用者には就業規則の作成義務及び労働基準監督署への提出義務があります。この就業規則の作成・届出は事業場単位であり、企業全体ではありません。

また、常時10人以上の「10人」には契約社員、パートタイマーなど雇用形態が異なる従業員も、常時使用されているかぎりあわせて計算します。

では、「常時10人未満なら作成しなくてよいのでは?」ということになりますが、作成・提出義務はありませんが、就業規則は、企業・職場の憲法といえるものです。

したがって、従業員に企業の基本理念や風土を理解してもらうと共に、「どのように就業して欲しいのか」「どのようなことをしてはいけないのか」という企業のルールを伝えることができるため、労使間のトラブル防止に役立ちます。