会社と働く人をつなぐ”架け橋”

社会保険労務士は、人事労務・労働保険・社会保険のエキスパートです。

Home » 業務案内 » 各種助成金 » 起業される方向けの助成金について

起業される方向けの助成金について

起業されたばかりのときは、いろいろと経費がかかるものです。

まして、その時期に従業員を雇うとなれば、事業主の負担はなおさら重くなります。

そのような、従業員を雇用することに対する初期の負担を軽減するため、創業経費の一部を助成してくれる「受給資格者創業支援助成金」や「高年齢等共同就業機会創出助成金」などがあります。

また、創業時や新規分野進出時に、中核となる方を雇用した場合に、その人に支払った給与の一部を助成してくれる「中小企業基盤人材確保助成金」などの助成金もあります。

助成金には、知らないと思わぬ落とし穴があります

例えば「受給資格者創業支援助成金」のように、法人等を設立する前に「法人等設立事前届」の提出が必要である助成金など、知らないと思わぬ落とし穴があったりします。

起業する前に、まずはご相談ください

法人を設立する前に、また人を雇う前に専門家にご相談いただくことが、多くの助成金からその企業に適している助成金を活用できる近道であり、事業主の方がご自身の負担を軽減する方法でもあります。